すたまっく

オタクがオタクらしくオタクだからこそできることを模索しています。

松井珠理奈と渡辺麻友

まゆゆが卒業する。

松井珠理奈と渡辺麻友と聞いて、思い浮かべるものはなんだろう。

beginnerやUZA、マジすか学園を思い出すオタクもいるかもしれない。

f:id:j3m1:20171031153055j:plain

年齢とキャリアのギャップに苦戦し、グループの世代交代に翻弄されたのは、この2人だと思う。AKB48が世間的に大ブレイクした2009-2010年、メディア露出の大チャンスは、年齢により出演を制限せざるを得なかった(しかもどちらの早生まれ)。

神7と呼ばれた選抜上位メンバーの卒業が相次ぐ中、“次世代センター”の筆頭が珠理奈とまゆゆだった。2人への期待は、beginnerの特別ver.やSo long!のMVにも表れている。

「攻める者たち、守る者たち」をテーマに撮影された真夏のSounds good!のMVでは、“攻める者”のセンターに2人がいた。

f:id:j3m1:20171031153136j:plain

松井珠理奈と渡辺麻友。2人はAKB48の過渡期を支えた次世代エースだった。

前田敦子の卒業後、最初に謳われた世代交代という荒波に揉まれ続けた2人。

思い返してみると、舞台に2人が並んで立つことは意外と多かったように感じる。

f:id:j3m1:20171031153156j:plain

f:id:j3m1:20171031153208j:plain

松井珠理奈と松井玲奈、指原莉乃と渡辺麻友のように表立って世間に報じられることはほとんどなかったけれど、ともにAKB48の未来を引っ張った戦友のような存在だと勝手に思っている。年齢とキャリアのギャップから、グループの流れに上手に乗ることができなかった面もあった。全盛期には、若手として恵まれている環境にもいたが、必ずしもいいことばかりではなかったはずだ。

お互いの悩みを打ち明け合うような関係には見えないけれど、お互いに共通する立場があったのではないかと思う。

珠理奈は昨日のモバメには「Wセンターがやりたかった」と綴られていた。確かに、シングル曲でのWセンターは叶わなかったが、2人には48グループの未来を見せてもらえた。誰もがAKB48の第2章への道を模索している時の希望であり、光だった。

そんな48の希望だった1人が今日、卒業コンサートを終えた。

まゆゆ卒業おめでとう。 

広告を非表示にする