すたまっく

オタクがオタクらしくオタクだからこそできることを模索しています。

珠理奈が2人いる

S公演に珠理奈が2人出ている。

毎度公演を見ると、「あれ、2人いるな?」という気持ちになる。

f:id:j3m1:20171019190758j:image

f:id:j3m1:20171019190837j:image

f:id:j3m1:20171019190917j:image

f:id:j3m1:20171019191010j:image

今日は2人か。

同じ公演でここまで魅せ方を変えることができる彼女は何者なんだろう。ニコニコでポジションについて、暗転。曲がかかった瞬間にはもう別人になっている。

誰が素の珠理奈かはわからないし、たぶん全部が珠理奈なんだと思う。一回の公演で色々な顔が見れるのがライブのいいところだと思う。同じ曲でも、その日によって泣いたり笑ったり、ライブはその時の感情を乗せることができる。

楽しそうに踊る珠理奈も、鬼気迫った珠理奈も、わけのわからない動きをする珠理奈も見れる。その日の珠理奈はその日にしか見れない。

少し話が逸れたけれど、珠理奈はパフォーマンスに感情を乗せるのが上手いなと思う。

ただ作業のように踊るわけでも、感情に振り回されて踊るわけでもない。その時の自分の想いを上手くコントロールしてパフォーマンスに落とし込んでいる。

毎回のように例に出しているが、ソロコンサートでラストパフォーマーを務めた時は、感情が溢れ出ていた。「やってみろ」と言わんばかりに、仲間を挑発するような目。メンバー全員のパフォーマンスを受け、負けん気と私がセンターだという気持ちが表情に、ダンスに表れていた。

f:id:j3m1:20171019194336j:image

すごいなあかっこいいなあ

なんて思ったら、こんな時もある。

f:id:j3m1:20171019200813j:image

とりあえずライブ当たれって話でした。

 

▼関連記事

j3m157.hatenablog.com

j3m157.hatenablog.com

 

 

 

広告を非表示にする